So-net無料ブログ作成

まっしろなティスタメント(小説) [まっしろなティスタメント]

2012年07月31日


昨日の夜。
萌ちゃんの通夜は行われ、今日はお葬式がしめやかに行われた。


瓜君も桃ちゃんも静かに涙をこぼした。

まだ、五歳と四歳。

お母さんに甘えたい盛りだと思う。

ぎゅっと太郎の手を握り締め。
じっと火葬場の煙を見ていた。


「お母さんが、天国に向かっているよ」


太郎が、そう言うと瓜君が、頷いた。


沢山の人が、泣いている。


萌ちゃんは、俺と違って昔から友達が多かった。

だから、沢山の人が葬儀に集まった。

喫茶店のお客さんも沢山来た。
地方から来てくれた友人もいた。

懐かしい顔ぶれ……


俺が、死んだらこんなに人が集まるのかな?


いや、集まらないだろう。

俺は、ゆっくりと空を見上げた。

ひこうき雲が静かに揺れる。

それが、どこか切なく。
どこか辛かった。

葬儀が終わり、俺は黒いスーツのまま病院の庭に座り込んでいた。

すると山本さんが、たこ焼きを持って来てくれた。


「大変だったね……」

「え?」

「萌さんのことだよ」


山本さんは、そう言ってたこ焼きを俺に渡してくれた。


「ありがとうございます。
 萌ちゃんと知り合いだったんですか?」

「萌さんは、病院に入院するおじさん達のアイドルだったからね」

「そうなのですか……?」

「ああ。
 可愛いし愛想いいし、喫茶店の料金も安いし……
 文句なんて一つもない」


山本さんは、そう言ってニッコリと笑う。


「ですね……
 俺も、あそこのコーヒー好きです」

「ああ。
 コーヒーも美味しかったな……
 寂しくはなるけど、太郎君が頑張ってくれてる。
 俺は、萌ちゃんが居なくなってもあそこに通い続けるぞ」

「俺もです」

「さ、たこ焼き、冷めないうちに食べてくれ」


山本さんが、そう言ってこの場を去った。


俺は、一個たこ焼きを頬張った。


熱かった。
それ以上に、美味しかった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今までもそしてこれからも [替え歌]

私は今日まで虐められてきました
時には誰かに傷つけられて
時には誰かに石を投げられ
私は今日まで虐められてきました

そして、今、私は思っています
明日からもこうして生きていくだろうと


私は今日まで虐めてきました
時には誰かを傷つけて
時には誰かに脅されて
私は今日まで虐めてきました


そして、今、私は思っています
明日からもこうして生きていくだろうと


私には私の生き方がある
それはおそらく自分というモノを
殺してから始まるのでしょう


けれどそれにしたって
どこでどうかわってしまうか
そうですわからないまま生きていく
気づけば加害者にもなる


私は今日まで生きてみました

私は今日まで生きてみました

私は今日まで生きてみました

私は今日まで生きてみました


そして、今、私は思っています
明日からもこうして生きていくだろうと





ふと亜金さんは思いました。
虐められている子よりも虐める子を誰かを虐める前に救えば虐めは無くなるのではないかと……

虐める子にも虐める理由が、なんかあるはず。

亜金さんは、憂さ晴らしで虐められたこともありますが……
虐める側にも何らかの闇を抱えていたのだと思います。

だからと言って、俺は、俺を虐めた人を許すことはありません。
耐える、堪える、我慢するのみです。

復讐したってこっちが、犯罪者になるだけですしね。

話を戻しましょう。

これは、賛否両論あるでしょうが。
虐める側の闇をどうにかすることで、俺のような虐められるような子の闇を作らないで済む気もします。

かと言って「虐めた」人への罰は、重くするべきです。

学校にも罰を与えるべきです。

罰を与えても亡くなった方の命は戻って来ません。
だからこそ、加害者への罪は、重くすべきなのです。


でも、虐めは、未然に防げるモノだと思います。

虐めは社会にもある。
虐めが、良くないと言っている人も、ぶっちゃけ虐めています。

今回の場合は、加害者の個人情報を公開されていますよね?

それも受け取り方によれば虐めです。

難しいモノですよね。

何が虐めになりどこまでが許されるのか……
ここで、個人情報を漏らすことが個人情報保護法がどうのこうのってのは、無しにしときます。


虐め無くなると良いな。

虐めが無くなっても俺が人への対する恨みは消えることはないですけどね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まっしろなティスタメント(小説) [まっしろなティスタメント]

2012年07月30日


部屋の温度は、18℃。

萌ちゃんの要望だった。
体が火照るらしい。
俺達は、上着を羽織っていた。


コンコンと部屋をノックする音が聞こえた。

太郎が、返事をした。

すると千春ちゃんが、ティーカップとホットミルクが、入った容器を持ってきた。


「寒いと思うから、ホットミルクを持ってきたよ」


千春は、全員のカップにホットミルクを入れた。

部屋には、ホットミルクの香りが充満した。


「あ~~
 良い匂い……」


思わぬ場所から、声が聞こえた。
萌ちゃんは、もう目を覚まさないかもしれない。
そう言われていたのに目を覚ました。


俺たちは、安心したように笑った。


「私は、冷たいいちごミルクがいいな」


萌ちゃんが、そう言ってほほ笑んだ。



萌ちゃんは、笑いながらそう言った。


「じゃ、私が買ってくる」


千春ちゃんが、そう言って部屋を出た。


銘先生が、萌が話しやすそうにベッドの角度を90度に傾けた。

そして、小さな小さなティーパーティーを開いた。

そこに居るのは、同年代の男女。
そして、俺と太郎と萌ちゃんは、幼馴染。

話のタネなんだ幾らでもあった。


それから、一時間程話した時、萌ちゃんは眠そうな声で言った。


「なんだか、眠くなってきちゃった……」


萌は、そう言うと、すぐに眠りに就いた。

萌ちゃんに繋いでいる血圧計。
それは、ゆっくりと少ない数値を刻んでいった。

最高血圧は、50を切った。


午前10時48分。


彼女は、ゆっくりと寝息を立てた後、この世で最後の空気を吸い込み、そして息を引き取った。


享年28歳。
俺と同じ歳だった。


千春ちゃんが、ゆっくりと銘先生の方を見る。

でも、銘先生は、辛そうな表情をしていた。

気持ちは、少しわかる気がする。

きっと銘先生は、この場だけは、医師としてではなく友人としてその場にいたいのだろう。

でも、すぐに表情を変えて臨場を伝えた。


皆、無言の中。
セミだけが、鳴きつづけていた。

ただ。
ただ。
ただ……
ただ、ひたすらに……

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アルファポリス [日記]

とりあえず、アルファポリスに登録してみた。

でも、使い方がわからない。

どうやって小説を書いたらいいのだろう;;

夜に、色々試してみようかな……

まっしろなティスタメント(小説) [まっしろなティスタメント]

2012年07月29日


萌ちゃんが目を覚ました。
それは、俺がたまたまお見舞いに来ている時だった。


「あー。
 亜金君おはよう」


俺は、すぐにナースコールを鳴らした。


「ここ病院のベッドの上っすよ。
 萌さん、覚えてますか?」


太郎が、優しく萌ちゃんの手を握り締める。


「私、もうダメなのかな?」


萌ちゃんが、涙を流しながら呟いた。


「そんなことない!」


太郎は大きな声をあげた。


認めたくなかったのだろう。
認めてしまうと言うことは、萌ちゃんの病気も受け入れなくてはいけないから……
だから、もう一度繰り返した。


「大丈夫!
 大丈夫だから!」


その声は、消え入りそうな声で……
そして、力強かった。


「もういい……
 もういいよ……
 ヤダよ……死にたくない、死にたくないよ!」


萌ちゃんは、大粒の涙を流して叫んだ。


こんな話を聞いた事がある。

人は自分が死ぬとき、その死期を感じてしまうことがある。
恐らく萌ちゃんのこれもその一つなのだろう……


俺は、何を言えばいいのかわからなくなった。

萌ちゃんの叫び声を聞いた銘先生は飛んで病室にやって来た。
その表情は、とても疲れているようだった。

萌ちゃんは、ずっと涙を流していた。
2時間くらい泣いていたと思う。


そして、大きく息を吸い込むとこう言った。


「ねぇ。
 太郎君。
 子供たちに最後の挨拶をしても良い?」


萌ちゃんのその声は、覚悟を決めた声だった。
太郎は、唇をかみしめた。
太郎も覚悟を決めたのだ。


「……わかったっす」


太郎は、無理やり笑顔を作った。

太郎は、涙を拭うと病室を出た。


「銘ちゃん、一君、色々迷惑かけてごめんね……」

「迷惑だなんて思ってないわよ……
 ってか、迷惑だなんて本気で言ったら怒るからね!」


銘先生は、そう言って涙を堪えた。
医者である以上、銘先生は泣けないのかもしれない。


萌ちゃんは、「ありがとう」と言って小さく笑った。


--


暫くの沈黙。


何を言ったらいいのかわからない。
こんな時、色んな事を話せる人間だったら、幾分かマシな人生を過ごせたのではないだろうか?

俺は、そう思い窓の外を眺める。


「ねぇ、亜金君。
 亜金君も早く結婚した方がいいよ」

「え?」

「彼女いるんでしょ?」


一瞬、美穂の事が頭に浮かんだ。
だけど、アイツは俺の彼女ではない。


俺は、軽く息を吸い込み。
そして、ため息をついた。


「まぁ、ぼちぼち頑張るよ」

「うん。
 頑張れ」


萌ちゃんが、力弱く笑った。



病室のドアが、開かれる。


「萌ちゃん!
 千春ちゃんが、遊びに来たよー」


千春ちゃんが、元気な声で現れた。


「びっくりした……
 心臓が止まるかと思ったよ」


萌ちゃんが、目を丸くさせて笑う。
こんな時なのに、俺も何故か楽しくなってしまった。


「えー!
 心臓が止まられると困るなぁー」


千春ちゃんが、笑う。

誰の目から見ても、無理して笑っているのがわかる。
でも、この場を和ませるのには十分だった。


「賑やかっすね。
 なんの話をしてたんっすか?」


太郎が、賑やかな雰囲気の中に現れた。


「秘密」


萌ちゃんが、そう言うと俺達は、笑った。
この感じ……
学生時代を思い出して楽しかった。

--


萌ちゃんの息子である瓜君。
そして、萌ちゃんの娘である桃ちゃん。

その2人が、心配そうに萌ちゃんの方を見ている。


萌ちゃんが、ゆっくり息を吸い込んだ。


「2人に話があるの」


萌ちゃんは、そう言って二人を見た。


「お母さん?」


萌ちゃんは、瓜君の目を見る。


「瓜は、強い子だよね?
 だから、桃のことあまりイジメたらダメだよ。
 強い子は弱い子を護らなくちゃいけないんだから……」

「俺、桃のことちゃんと護る!」


萌ちゃんは、ニッコリと笑うと小指を出した。


「じゃ、ゆびきりだ!」


瓜は、震えながら小指を出した。


「ゆびきりげんまん♪
 嘘ついたらハリセンボンのーます♪
 指切った」


瓜は、ゆびきりを終えると、涙を零しながら部屋の隅っこへ向かった。
そして、座り込み声を出さずに涙を流した。


次に、萌ちゃんは、桃ちゃんの方を見た。


「桃……
 桃には色々苦労をかけてしまうと思う。
 もうちょっと大きくなったとき悩みが出来ると思う。
 その時は、銘ちゃんやちぃちゃんに相談してね。
 銘ちゃん、ちぃちゃん、その時はよろしくね」


銘先生は、頷き。
千春ちゃんは、「任せて!」と力強く言った。


萌ちゃんは、「お願いします」と言って軽く頭を下げた。
そして、萌ちゃんは、言葉を続けた。


「早く、お洗濯やお料理を覚えて太郎君の力になってあげてね」

「うん」


桃ちゃんは、涙を流す事なく。
じっと萌ちゃんの話を真剣に聞いた。


「じゃ、桃もゆびきり」


萌ちゃんは、そう言って小指だけをあげる。

桃ちゃんは、静かに母の元に小指を近づけ自分から歌を歌った。


「指きりげんまん
 嘘ついたらハリセンボンのーます
 指切った♪」


桃ちゃんは、涙を流さなかった。
小さくてもやっぱり女の子。
強いんだなと思った。


桃ちゃんの指が離れると、萌ちゃんは、太郎の方を見てニッコリと笑った。


「太郎君、後の事はお願いね……」

「任せて下さいっす」


太郎は、今にも泣きそうだった。

--

「瓜!桃!
 お父さんの言うことしっかり聞くのよ!」


桃ちゃんは、大きく返事をして、瓜君は涙を拭いて返事をした。


そして、萌ちゃんは、この時初めて子供の目の前で涙を流した。

まだ幼い瓜君や桃ちゃんが、どこまで理解しているかは、俺にはわからない。
だけど、2人は、真剣に萌ちゃんの話を聞いていた。


よく、子供には人の死の現場を見せるのはよくないという人が居る。
でも、この時だけは、決して悪いものではないのではないかと思った。


確かに、元気だった母親の姿を知る子供に、その母親の最後の姿を見せるのは、きつく辛いかも知れない。
だけど、この子たちが、やがて大人になった時、この最後の場面に立ち会わず、後悔しないと言い切れるだろうか?
血の分けた親子なのだ。


子は、親の温もりを……
親は、子の温もりを……
そして、温かい肉声を……


幼い子供にだって、母親の最後の最後まで感じる権利は、あるはずなんだ。

そして、子は命の大事さを学び、親の優しさや、厳しさをこうやって引き継いでいくのではないかと……

俺は、そう感じだ。
そう、思わずにはいられなかった。


そうして、1日が、終わった。

子供達は、別の部屋で休んでいる。

この部屋には、俺と銘先生と太郎だけが残っていた。
萌ちゃんは、静かに眠っている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。