So-net無料ブログ作成

まっしろなティスタメント(小説) [まっしろなティスタメント]

2012年08月31日


今日は晴れ。
8月の最後。
今日、ゆかりさんは、退院した。


「亜金君、またね……」


ゆかりさんが、そう言って俺の手を握り締める。


「うん、またね……」

「北海道に来ることがあれば、遠慮なく美穂ちゃんと2人でウチに来てね」

「ありがとう」


俺が、そう言うとゆかりさんは、ニッコリ笑う。
そして、美穂の方を向く。


「亜金君のことお願いね」

「うん。
 任せて!亜金は、お爺ちゃんになっても面倒見るから!」

「うん!
 幸せになってね!」

「うん!」


2人はあつい抱擁をした。

そして、ゆかりさんは、見送りに来た子供たち1人1人に言葉を送った。
みんな、涙は、流さない。


こういう別れは、いい別れなんだ。

たぶん、みんな、自分にそう言い聞かせているのだろう。


「みんな、さよならは、言わないよ!
 だって、私は、またみんなに会いに来るから!」


ゆかりさんは、そう言って車の中に乗った。
そして、最後の最後まで窓から手を振っているのが、俺の目には見えた。


「はぁ……
 なんか、寂しいね」


山本さんが、小さく呟く。


「山本さん、居たんですか?」

「ずっと最初から居たよ。
 ゆかりちゃんも、きちんと挨拶してくれたよ」

「そ、そうですか……
 気づかなくてすみません」

「まぁ、なんだ……
 明日は、気分転換にたこ焼きパーティーでもやるか」


山本さんが、そう言うと子供たちがはしゃぐ。


「たこ焼きパーティー!?」

「久しぶりですね!」

「たこ焼きくるりんこ♪」


歩ちゃんたちが、歌う。


「楽しみだね」


美穂が、ぎゅっと俺の手を握り締める。


「そうだな……」


俺は、空を見上げる。
これは、セミがまだ鳴き続ける、8月の終わりの日のことだった。

まっしろなティスタメント(小説) [まっしろなティスタメント]

2012年08月30日


今日は、ゆかりさんの小さなお別れパーティーを行った。
退院祝いと言うべきなのだろうか……
子供たちも集まっている。


「ゆかりさん、退院しちゃうの?」


歩ちゃんが、寂しそうな表情で、ゆかりさんを見る。


「うん。
 歩ちゃんたちとは、一旦お別れだね」

「寂しいですね……」


充君が、寂しそうに呟く。


「退院は、引き延ばせないのかよ……」


元太君が無茶なことを言う。


「退院することは、良い事……
 だって、病気が治ったってことだから……
 ゆかりさん、退院おめでとう」


愛ちゃんが、そう言って笑う。


「……おめでとうと言うべきかわかんないけどおめでとう」


隼人君が、ぼそりと言う。


「ほら、お兄さんも何か言わなくちゃ……」


歩ちゃんが、そう言って俺の服を引っ張る。


「えっと……
 なんて言っていいかわかんないけど……
 気が向いたら遊びに来て下さい」

「ありがとう」


ゆかりさんが、はにかむ。
気軽に遊びに来れる距離じゃないのは知っている。
赤ちゃんが亡くなっているので、「おめでとう」の言葉は、適性じゃないだろう。
だから、どんな言葉が適正かは、わからなかった。


「ライバル削減♪
 良い事♪良い事♪」


美穂が、そう言ってニヤニヤ笑う。


「美穂ちゃんもありがとう。
 仕事も休んできてくれて……」

「亜金にちょっかいを出さないように見張ってるだけだよー
 明日も休むんだからねー」


美穂が、笑う。


「ホント、ありがとう」


ゆかりさんが、目に涙を浮かべる。


「そんな顔されちゃったら、私まで涙が溢れちゃうじゃないの……」


美穂の目に涙が浮かぶ。

俺の知らない間に女の友情が芽生えたようだ……


良い事……


なのか?


8月30日 [日記]

8月30日


今日は、泌尿器科に行ってきました。
最近、血液検査をやっていないので、血液検査をやってきました。
結果は、次回の診察で教えてくれるそうです。


Goccoも明日で終わり……
なんか、寂しいですね。

まっしろなティスタメント(小説) [まっしろなティスタメント]

2012年08月29日


水曜日。
曇天。

雨が降ったり止んだり……


今日は、そんな天気だ。


すっきりしない。


ゆかりさんが、俺の部屋に訪れる。


「亜金君、こんにちは」

「ゆかりさんこんにちわ」

「今日は、お話があって来たんだ」

「何かな?」

「私、明後日退院する」

「え?」

「小十郎さんも逮捕されたし、私の体も、もう大丈夫みたいだから……」

「そうですか……」


ゆかりさんに元気が無い。


「それでね、私、実家へ帰ろうと思うの」

「そうですか……」

「私の実家、北海道なんだ」

「北海道?」

「うん」

「だから、もうここには、簡単には来れないんだ」

「そうですか……
 寂しくなるな……」

「今までありがとうございました」


ゆかりさんは、軽く頭を下げる。


「こちらこそ、ありがとうございました」


俺も軽く頭を下げる。


「ホント、ありがとうね……」


ゆかりさんが、ボロボロと涙を流す。


「そんな、今生の別れって訳じゃないんだから……
 泣かないでください」

「亜金君、私のせいで殴られてばっかだったよね……
 ホントにごめんね……」

「大丈夫です……
 殴られた傷は、もう治りましたから……」


ゆかりさんが、俺の顔に近づく。
そして、唇と唇が当たろうとする。
キスするのか?


俺の目が一瞬動揺する。

そして、ゆかりさんは、キスをした。
俺の額にに。


「亜金君の唇は、美穂ちゃん専用だもんね。
 私は、我慢するね」


ゆかりさんは、そう言って泣き笑いを浮かべた。
俺は、ゆかりさんに何が出来るのだろうか?

走れ鬼畜王 [替え歌]

交差点で100億円拾ったよ
だけどコレ 重くてモテないよ
いつだって 俺は鬼畜王
近所でも 評判さ


リンリン ランラン ホァンホァン
ハーイハイ パンダじゃない
なんてことは
ぜーんぜん 彼女も言っていない
ヘーイヘイ 居ない事 知ってるだろ


※走れ正直者の替え歌です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。