So-net無料ブログ作成

まっしろなティスタメント(小説) [まっしろなティスタメント]

2012年10月31日

晴れ。
今日で、10月が終わる。
つまり、明日で俺は29歳になる。
29歳、童貞、無職。

もう、全てが絶望的だ。


俺は、待合室の椅子の上でため息をついた。


「ため息をつくと幸せが逃げちゃうよ」


美穂が、そう言って俺の隣で笑う。


「いや、ため息をつくことで不のオーラを吐きだしているんだ」

「そっか……」


美穂が、俺の体を後ろから会抱きしめる。


「な、なに?」

「好きになったって言ったら怒る?」

「え?」

「私、亜金のこと好きになったみたい」

「急に何を言っているんだ?」

「だから、いいでしょ?」


美穂が、耳元で囁く。


「何をするんだ?」

「言わせるの?」

「えっと……」


俺は、戸惑う。


「亜金は、鈍感だね」

「うん」


確かに捨てることは出来る。
だけど、俺は君の本当の名前も知らないんだ。
だから、ごめん……
君とは、することは出来ない。


「はぁ……」


美穂が、ため息をつく。


「うん?」

「いつか、いつか、やろうね……」

「そうだね」


君の正体が、わからない限り俺は、何も出来ない。


「その顔何か隠してるな?
 私たちの間に隠し事は無しだぞ?」

「美穂は、隠し事は、無いの?」

「え?」


美穂の顔が一瞬曇る。


「まぁ、いいや……
 俺も美穂に隠れてエッチなDVD見てるからいいよ」

「没収していい?」

「見るの?」

「捨てる」

「じゃ、ダメだ」

「むー。ケチー」


美穂は、俺の耳元で騒ぐ。
だけど、俺を抱きしめる腕には、優しさが込められていた。
暖かい……
それが、どこか心地よかった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベルファム・ネペトリ・快

ベルファム・ネペトリ・快.jpg



ベルファム・ネペトリ・快。

手に入りました。

でも、ステはごらんの通り……
弱いです……(ノ_・。)

少しだけ、スロ2とか期待したけれど……
スロ0は、少し残念かなと思う今日この頃……
一次羊目指して、頑張るぞー

まっしろなティスタメント(小説) [まっしろなティスタメント]

2012年10月30日


今日の朝、小太郎がやって来た。
1人の男を連れて……


「亜金、この間頼まれたことを御幸に頼んだんだ」

「この間?」


俺は、頭の中が真っ白だ。


「美穂さんのことだ……」


小太郎が、言う。
それを聞いて俺は思い出す。
そんなこと頼んだな……


「で、そちらの方は?」


俺は、その男の人の方を見る。


「僕の名前は、西郷 御幸(さいごう みゆき)。
 弁護士をやっているよ」

「弁護士ですか?」

「ああ」


御幸さんが、ニッコリと微笑み俺に手をさし出す。
俺は、ゆっくりと体を起こし御幸さんの手を握り締める。


「で、杉並 美穂さんに関してですが……」

「あ、はい……」

「6月1日に自殺している……」

「あ、はい……
 でも、助かったんですよね?」

「いや……
 それが……」


俺は、ここで認めたくない現実を知ることになる。
美穂は、もう……


とっくに亡くなっていた。


「じゃ、今いる美穂は……?」

「それは、君が直接確認するんだ……」

「え?
 僕の口から言わな方がいいだろう」

「ただ言えることは、1つ。
 もう君の知る杉並 美穂と言う存在はこの世にはいない」


じゃ、あの美穂は誰なんだ?
どうして美穂のふりをしてるんだ?

俺には、わからないことばかり……


充君に歩ちゃんの死……
そして、美穂の死まで知らされた。
俺の中は、頭が、真っ白になった。


「ただやって信じてほしい。
 その子に悪意はないと……」


小太郎が、俺の目をじっと見て言う。


「ああ、わかった。
 ありがとうございます」


悪意が無いのはわかる。
だから、こそ知りたい。
あの子が、何を理由にそんなことをしているのか……
もう少しだけ付き合おうかと思う。
あの美穂のことを信じて……

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Windows8が欲しい [トリックスター]

Windows8が、欲しい亜金さんです。


ですが、トリスタは、Windows8では、動作対象外。


Windows8が、安く変えのは、2013年の1月31日まで……


それまでに、対応されることを祈ります……


それとも、1月31日までに対応されなければ、それまでにWindows8を買っておいて、対応されたらインストールするようにしようかな…・・・・



というか、OSが、5800円は、安すぎる……(ノ_・。)


期間限定だけどね…・…(ノ_・。)


ちょうと誕生日月の5%の割引+300ポイントのハガキが来たから11月に買おうと思う。

それに合わせて、Windows8対応のウイルスセキュリティーのソフトも買わなきゃだけど;;


【追記】



んでもって、メンテ延長ですね。


ぼーとしてたら、「あ、4時半過ぎてる」と思いトリスタのサイトを見てみると画面がメンテ前のまま。


「画面変わってないやん!

 なんのCPもないのかな?」


と思いながらお知らせを見ると……


【メンテ延長のお知らせ】


とのこと……


しかも、【未定】



クーの1枚の騒動でトリスタピンチですね。

そもそもクーポン40枚交換が、たぶんコンプガチャのグレーゾーン。

あんまり騒ぐとそれ自体がなくなる可能性があるので、公式掲示板が少し荒れているけど俺は控えています。


それどころか、トリスタ自体営業停止になっちゃうかもね。


トリスタが、言っていること滅茶苦茶だし……


不当に入手したクーを消す。


これは、しゃーないと思います。

でも、それに使ったブローチやブリードや融合の費用も返ってこない。

正式に入手したクーと不正に入手したクーの融合も消す。


これは、ちと厳しいですね。


確かに、バグを利用した〝不正行為”だから、ガメポがその気になれば、それらを利用したアカウントの凍結、停止をさせることはできます。(これをするとかなりのユーザーが離れるだろうけど)


かと言って、これらを削除しないとなると正式な方法でクーを入手した人は、腹立たしいでしょう。


問題なのは、正式に入手したクーと交換で貰えるクーの違いがあるってことなんでしょうか?

ステ率とか何かそんなのが……


違いがない場合、正式なクーも消去されてしまいそうで少し怖いですね。


これもユーザー離れしてしまう可能性大。


確かに履歴で、1枚クーを交換したかどうかは、わかると思います。

でも、これらの作業……

時間が、かかりそうです。


この作業で、メンテ延長なのかな?と思っていたりもします。


どちらにせよ、クーは、買っていないので俺は、痛くはないですが……


全キャラ巻き戻しだけは、やめてほしいですね。


折角ペット合成でいい数値が、出たのにこれが消えたらちとショックです……(ノ_・。)


とりあえず、一枚クー略して一マイク。


消そうが消すまいが、ユーザー離れが、おきそうで怖いです。


「クーのブローチやブリード込で、4~5万円使った」って方は、よっぽどお金持ちなんでしょうね……

パソコン1台買える値段です。



まぁ、正規入手に最高2万8千円かかるので、それくらい行くのでしょうか;;


あと解せないのが、こんなものに数万単位で金を出せる人ってお金を稼ぐ大変さを知らない無職の人がうんたらかんたら言っている人いますが……


無職だと収入がないので、数万単位は出せませんね。


という俺も、ショコラに1万5千、ミアキスに1万、2011年正月ペット3体1万5千、一次羊1万と、結構ペットだけでも使ってますね……


倉庫拡張クーポンが、欲しいのにブリードやロックキャンディーを買ってしまう俺は、馬鹿です……

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まっしろなティスタメント(小説) [まっしろなティスタメント]

2012年10月29日


今日の昼間に歩ちゃんのお葬式が行われた。

葬儀に行く前に近所のスーパー内の散髪に行ってきた。
15分1000円で、安い。
髪の毛も、長い間切っていない。

だから、伸び放題のぼっさぼさ……

なので、葬儀の前に切ってもらった。

かなり、すっきりした。


でも、心の中はからっぽ。


何にもない。

ただ、ひたすらに空っぽだったのだ。


歩ちゃんのは、学校の友達はいない。
稲穂さんの話によると、幼稚園に行く前から闘病していたらしい。

だから、病院外の友達はいない。

歩ちゃんは、前に言っていた。


「学校に行きたい」と……


俺は普通に学校に行って、バカやって教師に怒られて虐められて泣いて……
それの繰り返しだった。
だから、俺にとって学校は、嫌な場所でもあった。
成績の悪い俺は、家でも居場所はなかった。
家では、煙たがられいい扱いを受けてこなかった。
居場所を失い、美穂が居場所になってくれた。
そして、美穂を失ったと思い込んだ俺は、自殺未遂した。


でも、歩ちゃんは、賢明に生きたいと願っていた。
歩ちゃんだけじゃない充君だってそうだ。
学校に行って、勉強して、バカやって教師に怒られて……
そんな世界を経験したかったと思う。


俺は、何をやっているのだろう?
俺に出来ることは何?

なんにもない、なにもできない。


歩ちゃんが、火葬場に向かう……
歩ちゃんが入院する前に使っていたお茶碗を割った。
お茶碗を割る稲穂さんの手が震えていた。


かけてあげれる言葉もない。
そもそも言葉が、見つからない。


こんな時、なんて声を掛ければいい?
俺は、散らばった茶碗を眺めることしかできない。


元太君、愛ちゃんは、しきりに歩ちゃんの名前を呼んで泣いている。
隼人君は、下唇を噛み涙を堪えている。


歩ちゃんが、火葬場へと向かう黒い車……
その車が、クラクションを鳴らす。


俺は、この音が大嫌いだ。
心が、痛くなり泣きそうになる。
でも、涙が出ない。

泣きたいのに零れない涙……
正直辛い。

悔しくて悔しくて辛い。


俺は、歩ちゃんに何をしてあげれた?
一緒にポケモンで遊んで、また会おうねと手を振ってわかれる。
もう、その光景を見ることが出来ない。


俺は常々思う。
俺は、無力だ……

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。