So-net無料ブログ作成

シュークリーム以上 エクレア未満 [替え歌]

例えば自転車に乗り 街へ行こう
僕らは路地を曲がり 迷路に迷い込む
例えば 青い鳥を 追いかけよう
僕らは好きな人たちと 巡り合う

例えば瞳の色 覗いてみよう
僕らの不思議な顔 見つめ合うように
例えば立ち止まって 裸足になろう
僕らの足元 ほら 三つ葉のクローバー


LaLaLa シュークリーム以上 LaLaLa エクレア未満
そんな小さな恋の物語
LaLaLa切なさ以上 LaLaLa 悲しみ未満
届きそうで 届かない 物語


例えば無駄遣いの 買い物しよう
僕らは大切なもの 本当は持ってない
例えば子供のころ 夢見たもの
僕らは小さな手で 抱きしめられる

例えば路の向こう 手を振り合おう
僕らはきっとすぐに 食べたくなる
例えば今 なんとなく 好きといえたら
僕らは 偶然かな? 運命かな?


LaLaLa シュークリーム以上 LaLaLa エクレア未満
そんな小さな恋の物語
LaLaLa切なさ以上 LaLaLa 悲しみ未満
届きそうで 届かない 物語


LaLaLa シュークリーム以上 LaLaLa エクレア未満
そんな小さな恋の物語
LaLaLa切なさ以上 LaLaLa 悲しみ未満
届きそうで 届かない 物語


----

あ、どっかで聞いたことあるだろうけど、パクリじゃないよ替え歌だよー(ノ_・。)

ギフト(小説) [ギフト(小説)]

2013年01月31日


「ATフィールド……
 新世紀エヴァンゲリオンの技か……」


白銀が、狂喜の笑みを浮かべる。
なんだ……
どうして、こいつはこんなにも殺気を出すことができるんだ?


「亜金、気を付けるネ……
 この殺気やばいネ」

「……わかってる」


倒せるのか?
俺が迷っていると1発の銃声が響いた。
銃弾は、白銀の額に命中した。


「亜金!歌!大丈夫か?」


啓司が、そう言って銃を構えながら俺たちの隣に立つ。


「うん……殺ったの?」

「これで、死んでくれたら楽なんだがな……」


啓司は、そう言ってため息をつく。


「お久しぶりです。
 啓司さん……」


白銀が、そう言って笑う。


「銃が効いていない?」


俺が、そう言うと白銀が答える。


「まぁ、タフなモノでして……」


タフって、銃が効かないギフト能力も持ってるってことなのか?


「まぁ、僕もチート級ギフト能力者ってことですよ」


白銀が、そう言って笑う。


「亜金さん!」


隼人君が、海藤君を担いで俺たちと合流する。


「ギフト能力者が、4人ですか……
 これは、流石に分が悪いですね」


白銀が、そう言って軽くジャンプすると姿が消えた。
すると隼人君の背後に姿を現し、海藤君に触れる。


「卓君は、返してもらいますね」


白銀は、そう言うと姿を消した。


「白銀!何処に言ったネ!」


歌が、大きな声を出す。


「気配もない。
 もうこの近くにはいないだろう」


啓司が、そう言うと俺たちの緊張が一気に解けた。
そして、気付いた。
この病院が、滅茶苦茶に破壊されていることを……
こうして、俺たちの長い一日が終わった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニート脱出大作戦Σ [ニート脱出大作戦!Σ]

2013年01月31日


今日、派遣会社から連絡があり、女性のみの受付と言われたモノの別案件で男性社員でも応募可能な仕事があるのでどうかと聞かれましたので、そちらに応募しました。

2013年の02月04日の10時に淀屋橋から徒歩9分の所に登録会場があります。

頑張ってきます。

ギフト(小説) [ギフト(小説)]

2013年01月30日


俺が、隼人君の元につくと隼人君が、ボロボロの体で座っていた。
そばには、倒れている海藤君の姿があった。


「隼人君、勝ったの?」

「余裕です」


隼人君は、腕をあげて勝利のポーズをとった。


「隼人君のギフト能力ってなんなの?」


俺の問いに隼人君は、首を横に振った。


「今は、歌さんの所に行ってあげてください。
 このままでは、歌さんが不利です」

「どうして、そんなことが?」

「今は、僕を信じてください」


隼人君の目は、真剣だった。


「わかった」


俺は、歌の元へと向かった。


白髪の優男……
それが、敵の姿。


「さて、そろそろ終いにしましょうか?」


優男は、そう言って手を刃物に変える。
そして、恋次に向けて刺そうとした。
俺は、ATフィールドを優男に向けて投げつけた。
優男は、吹き飛び病院の壁にぶつかる。


「歌!
 大丈夫?」

「亜金!ありがとネ!」

「アイツは、何者なの?
 手を刃に変えるギフト能力者?」


俺は、歌の前に立ち歌にそう尋ねた。


「アイツは、複数のギフト能力を使うネ。
 空気を爆発させたり、水を刃に変えたり……」


優男は、ゆっくりと起き上がると俺の方を見る。


「恋次君も卓君もやられたようですね……」


優男は、ヘラヘラ笑う。


「何がおかしいの?」

「いえ……
 別におかしくはありませんよ?
 楽しいのです……
 さて、亜金さんに歌さん。
 自己紹介が遅れました、僕の名前は白銀と言います。
 さて、自己紹介もすんだところで死んでいただけますか?」


白銀は、そう言って人差し指を空に向ける。


「亜金、上に向けてATフィールドネ!」

「え?」

「いいから、早くやるネ!」


俺は、何のことかわからなかったけど上に向けてATフィールドを貼った。
すると雨の如く氷の刃が降り注ぐ。


「なにこれ……?」

「これが、白銀のギフト能力のひとつネ……」


歌が、小さく震えた。
なんだ?コイツ、ものすごい殺気を感じる。
本気で殺す気なのか?俺たちを……

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニート脱出大作戦Σ【追記】 [ニート脱出大作戦!Σ]

2013年01月30日

今日は、派遣会社に2件応募。
たぶん、まずは書類選考。

受かるといいな……
ちなみに両方とも事務系です。

【追記】1

16時50分。
1社から返事が来た。
結果は、不採用。
うん、残念だ……
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。