So-net無料ブログ作成

ペンギンリュック…… [トリックスター]

screenshot0148.jpg




俺が欲しかったのは、ペンギンリュックでした。


でも、こんなのが出てしまった……

リュック欲しかったぞー。


と言うか、11個鍵を開けたけど……

リュック背負っている人見てないから、出ないのかと思ってたけど……

やっぱり出なかった……


明日、気分が乗ったら挑戦してみようかな……


光龍の垢でも羽が出ずに、水ピースが出ました。


俺は、水に好まれているのだろうか??
どうせ出るのなら、黄色が欲しかった……


と言うか、リュック出た人いるのかな;;

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギフト(小説) [ギフト(小説)]

2013年02月28日

2月最後の日。


白銀は、俺に氷の刃を俺に向けて放つ。

俺は、ATフィールドでそれを防ぐ。


「流石は、亜金さん。
 直接攻撃は、効きませんね」

「でも、これをするとどうなりますかねぇー」


白銀は、俺に近づき、素手で殴りATフィールドを破壊する。
俺は、大きく後退する。


「本当に能力を奪ったの?」

「はい。
 これが、僕の能力です。
 恋次君も言っていたでしょう?
 僕は、僕が殺した相手の能力をコピーできるんです。
 僕は、是非、亜金さん貴方の能力を是非頂きたい!」


白銀は、そう言って笑い。
俺にナイフを向けた。


「俺は、死ぬつもりもお前に俺の能力を譲る気もないよ!」

「それは、力ずくで奪わせていただきます。
 安心してください」


白銀が、そう言うとナイフを俺に投げる。

俺は、ATフィールドで防ぐ。
しかし、ナイフはATフィールドを貫く。
ナイフは、俺の顔に刺さる……と思った時、銃声とともにナイフが破壊された。


「亜金、情けないぞ……!」


啓司が、ボロボロの姿で現れる。


「啓司!」

「おや?啓司さん、私の分身を倒したのですか?」

「あんなモノで俺をだませると思ったのか!」


啓司が、白銀に怒鳴る。
啓司は、ゆっくりと俺の隣に立つ。


「予想外ですねぇー」


白銀が、嬉しそうに笑う。


「何がそんなに楽しいんだ?」

「貴方の無効化の能力も欲しくなりました」

「俺もやるつもりはない」


啓司は、そう言って銃弾を放つ。
銃弾は、白銀の頭に当たり顔に穴が開く。
しかし、白銀はニヤリと笑い空いた穴が塞がる。


「僕には、その技は、効きませんよ
 でも、いいでしょう。
 今日は、ここでお別れです」


白銀は、そう言って姿を消した。
それと同時に王が、現れる。


「今、戻って来た」


王は、非常に疲れた声で言った。


「火蛾は?」


俺が、王に尋ねる。
するとため息交じりに王は答えた。


「逃げられた……」


王は、そう言うとその場で崩れた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メルティング [トリックスター]

巷で噂のメルティングに挑戦しました。

小さな袋30?を5個メルティングすると6階級が、手に入ります。




そこから、白箱や黒箱と謎箱(名前忘れたw)が出ました。


白箱は即開け、黒箱と謎箱は、倉庫へ……


白箱から出た装備は、ゴミなのは、メルティング。


今日は、野良の草笛が出ないので、現実逃避からの……


メルティングです。



風呂入ったらまた、メルティングしようかな……


黒箱と謎箱の相場がわかんないけど;;

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギフト(小説) [ギフト(小説)]

2013年02月27日


「なんだ……
 お前が相手か……?」


恋次が、笑う。


「本気を出した俺は、強いよ?」


俺は、ファンネルを構える。
そして、ビームを放つ。


恋次は、そのビームを殴り破壊する。
そして、懐に入り込み、捕獲ロープを使う。


「な……?」


俺は、恋次を捕獲した。
捕獲ロープとは、某エロゲのモンスターを捕獲するアイテムだ。
ポケモンで言うところのモンスターボールみたいな感じだ。


俺は、そのロープを縛って恋次君の動きを完全に封じた。


「このロープは、君の能力でも壊せないよ」


俺は、かっこよく決め台詞を言った。
なんか今日の俺は、かっこいい。


恋次も抵抗はしなかった。


「……力が出ないな」


恋次は、そう言うとその場に座り込んだ。


「え?」

「俺は、お前との対話を望む」

「対話?」


俺は、首を傾げる。


「今回の件については、やりすぎだ……
 俺も理解しかねる……」

「じゃ、どうしてやったの?」

「あの爆破は、火蛾と白銀の仕業だ。
 火蛾のボマーに白銀の能力スキルアップの能力でな……」

「ボマー?スキルアップ?」

「ボマーは、爆破能力、スキルアップは、対象の能力をアップさせる能力だ……
 白銀は、殺した相手の能力をコピーする能力だ」

「そんなの教えてもいいの?」


俺が、そう言うと別の男の声が響く。


「よくありませんね……」


現れたのは白銀だった。
そして、それと同時に恋次の頭上に無数の氷の刃が現れて、それが恋次君に突き刺さる。


「な……?」

「亜金……
 こんなこと頼めた義理じゃない。
 夢の事を頼む……
 アイツは、まだ誰も殺してない……」


恋次は、そう言い残すとグッタリと倒れた。


「さて……
 とどめを刺しましょうか……」


白銀は、そう言って恋次の頭の上に氷の刃を突き刺す。
恋次は、そこで大量の血を流し動かなくなった。


「さぁ、僕との楽しい戦いを始めましょうか?」


白銀は、楽しそうに笑い戦いのコングが鳴った。
啓司は、どうなったんだろう?

ニート脱出大作戦Σ [ニート脱出大作戦!Σ]

2013年2月27日


今日は、本町の方まで、面接に行ってきました。

派遣会社の登録だけなので、一時間弱で、終わりました。


舌が回らず、上手くアピール出来ませんでした。

この会社からは、連絡は来ないかも……

道に迷って、電話しちゃたし……

ギリギリ遅刻は、免れたけど……

帰りも道に迷い、本町駅目指していたのに淀屋橋駅に着いたゃったし……

今日は、ダメっぽい。

朝は、6時半に起きる予定が、目覚ましが鳴らなくて、7時半に目が覚めたり、もうダメダメですね。

次回、頑張ろう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。