So-net無料ブログ作成
ギフト(小説) ブログトップ
前の5件 | -

「ギフト」完結! [ギフト(小説)]

ギフト、完結させました。

明日からの毎日小説は、「ピノの旅」を書きます。


SFです。
ファンタジーです。
ロボです。
暴れます。


頑張ります……
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギフト(小説) [ギフト(小説)]

2013年03月15日


曇り。

瑞樹君は、泣き崩れながら警察に補導され……
俺は、夢ちゃんを担いですぐに病院に向かった。
傷は、深く致命的なダメージだったが、里杏ちゃんの治療のおかげで、一命をとりとめた。
そして、白銀の命も繋ぎ止めた。

罪人を助けるのは気が引けたけど、裁判で罪を裁かれなければならない。
あと白銀の命を取り留めたのは、瑞樹君の為でもある。
瑞樹君を殺人犯にしたくなかった。

だから、俺の魔法で白銀の治療を行った。

もちろん捕獲ロープは、外さない。
念のため、啓司の能力で、白銀の能力を封じてもらっている。


「どうして助けるのです?」


目を覚ました白銀が、俺に尋ねる。


「お前を助けるわけじゃない。
 瑞樹君を助けるためだよ」


「そうですか……」


白銀は、再び目を閉じる。


「私もここまでのようですね」


俺は、何も答えない。

そう、全て終わったんだ。

俺は、心にもやもやが、残ったまま自室に蹲る。
すると部屋をノックする音が聞こえる。


「はい」


俺が、返事をすると夕貴さんが、入って来る。


「夕貴さん?」


夕貴さんが、フィリップを持っていない。
一生懸命口をパクパクさせ何かを伝えようとする。


ほんの小さな声だけど俺の耳には届いた。


「ありがとう」

「夕貴さん、声が……?」


夕貴さんは、涙を流しながら俺に抱き着く。


「ありがとう、ありがとう、ありがとう」

「俺の方こそ、ありがとう」


俺は、夕貴さんの体を抱きしめた。


「いつ、声が……?」

「ちょっと前からです。
 一番最初に亜金さんとお話ししたかったので……」

「そっか、ありがとう」


夕貴さんは、首を横に振った。
戦いは、終わった。
長い長い戦いが終わり、俺はぬくもりを手に入れた。
知りたかった人肌のぬくもり。


「亜金さん」


夕貴さんが、俺の名前を呼ぶ。


「うん?」

「好きです……」


頭の中が真っ白になる。
そして、俺も答える。

「俺も好きだよ」と……


-おわり-
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギフト(小説) [ギフト(小説)]

2013年03月14日


辺りは、火の海になっていた。
しかし、初戦は火。

火蛾対策で、持ってきた炎も喰らう剣、プレゲトンの炎を纏った俺には効果は、なかった。
そして、目の前に瀕死の状態の白銀がいた。


「なぜ……
 貴方は無事なのですか?」


白銀が、そう言って俺を睨む。


「俺に炎は効かない」

「そうでしたね……
 では、次は違う方法で……」


白銀の傷が、少しずつ回復していく。
でも、長期戦になるとこちらがふりになる。
俺は、捕獲ロープを構え、それで白銀を拘束する。


「もう、観念しろ」


俺は、冷たく言い放つ。


「まだです。
 まだ、僕にはやりたいことが……」


白銀が、弱弱しく言う。


「終わりだ、全てな……」


王が、モンスターボールを持って現れる。


「こっちもケリをつけてきました」


隼人君が海道君を背負いやって来る。


「亜金!
 こっちも全て倒したネ!」


歌と啓司、御幸が現れる。


「さぁ、どうする?
 この人数相手にできる?」

「仕方……ありませんね」


白銀は、その場でうなだれる。
そして、その一瞬をついて、ひとつの影が白銀に向かってぶつかった。


「あははははあは!
 やったぞ!ついにやったぞ!」


影が、そう言って笑う。
影の正体は、瑞樹君だった。


「瑞樹君?」


瑞樹君は、ナイフと持っていた。
そのナイフにはべったりと血がついていた。


「次は、海道!
 お前だ!」


瑞樹君は、そう言って海道君に突っ込もうとしたが、王によって塞がれる。


「もう罪を重ねるな」

「なんでだよ!
 コイツラは、俺の姉貴の声を……
 姉貴の体を……」


その場には、瑞樹君の虚しい声だけが、響いた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギフト(小説) [ギフト(小説)]

2013年03月13日


俺は、左腕を回復させ終えると白銀に切り付ける。


「いですねぇー。
 その能力!
 僕の能力に相応しい!」


白銀が、そう言って今度は雷を自分の体に張り巡らせる。
そして、一気に解放した。


流石に、雷は炎の大剣プレゲトンでは、防げない。
だけど、俺はチート級の能力者。

俺は、体をゴム化させる。
これは、ワンピースから持ってきた悪魔の実の能力。


「さぁ、この技で死んでください!
 ライジン!」


白銀が、そう言うと雷の嵐が俺を襲う。
しかし、俺には効かない。
何故なら俺は、ゴムだから……


「もう、自慢の技は、終わり?」


俺は、白銀を挑発する。
白銀は、舌打ちをする。


「まだだ……
 まだ、終わりません!
 水や雷がダメなら火と風で!」


俺には、わかる。
白銀は、焦っている。
そして、わかったことがある。
白銀は、殺した相手の能力をコピーできるが、その経験値までは、奪えない。
だったら、経験値を積んでいる俺自身の技で戦うんだ!

白銀が、怒りに満ちた声で俺に呪文をぶつける。


「フレイムトルネード!」


炎の風が俺を襲う。
この勝負、俺の勝ちだ……


俺は、その炎をプレゲトンに全て吸収させた。


「美味しい炎をありがとう」


俺は、笑顔で答える。


「な、なんなのですか!
 貴方は!貴方は、いったい……!」


俺は、白銀の体をプレゲトンで斬る。
白銀は、血を吐きながら言葉を続ける。


「これが、真の星の巡礼者の力なのですか……?
 おお、神よ、僕も星の巡礼者ではないと言うのですか?」

「白銀!
 大人しく投降しろ!」


白銀は、俺をにらむ。
そして、笑う。


「貴方にも死んでもらいます。
 だいばくはつ!」


白銀は、そう言って爆発した。
その爆風は俺を襲った。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギフト(小説) [ギフト(小説)]

2013年03月12日


「この僕に使いこなせない能力なんてありませんよ!」


白銀は、そう言って氷の刃を召喚させる。
恐らく空気中の水素を固めて作った刃だろう。


故に……
脆い……

俺はその刃をプレゲトンで、破壊する。
そして、白銀の懐に入るとプレゲトンで白銀の脇腹を斬った。

あと一撃……


そう思ったとき、夢ちゃんが俺たちの前に現れる。

それにより、俺の動きが止められる。


「夢ちゃん、そこをどいて!」

「どかない!
 私が、白銀さんを……」


夢ちゃんが、そこまで言いかけた時、夢ちゃんのお腹から一本の刃が、飛んできた。
その刃は、俺は防ぐことができなかった。
刃は、俺の左腕を貫く。


そんなことよりも……


「夢ちゃん!」


俺は、夢ちゃんの場所に走り寄った。


「白銀さん……
 どうして……?」


夢ちゃんは、白銀の方を見る。
白銀は、手をパチパチ叩く。


「グズの割にはよくできましたー
 これで、亜金さんの左手を封じることができます」

「お前!夢ちゃんの能力まで……!」

「この子の能力なんていりませんよ。
 夢さんは、ただの捨て馬の捨て駒。
 亜金さんの能力を奪うためのね……」


白銀は、嬉しそうに笑う。


「お前を倒して夢ちゃんを助ける!」


俺は、残った右手で、プレゲトンを構える。
プレゲトンは大剣。
片手で持つのは、少し苦しい……


「そのような状態で、僕に勝てるとでも思いますか?」


白銀が、クスリと笑う。


「やってみなくちゃ、わからないだろう?」


そう言ってみたものの、片手ではスピードも威力も半減。
どうする?どうする?どうする?俺……


「悩んでいますね……
 さぁ、おとなしく僕に殺されなさい!」

「殺されてたまるか!
 俺は、護るんだ!」


俺は、リザレクションを唱えながら傷を癒す。
傷つけば癒せばいい。
俺は、亜金!詩空亜金!
この程度の相手に、負けてたまるか!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ギフト(小説) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。