So-net無料ブログ作成
ピノの旅 ブログトップ
前の5件 | -

ピノの旅(小説) [ピノの旅]

――4月29日


「炎がダメなら氷の息ならどうだ?」


クレハは、そう言って氷の息を俺のEDに向かって吐く。
俺は、一瞬怯む。
するとプレゲトンが鼻で笑った。


「案ずるな、炎は氷を解かす。
 この程度の氷……
 私が、乗るフェアリー・セットのまえでは無意味だ」


プレゲトンの言う通りマッド・ブレスの氷の息は、フェアリー・セットには通用しなかった。


「亜金、地獄の業火を見せてやれ!」


プレゲトンの体が、光る。


「わかった。
 プレゲトン、俺に力を貸して!」


フェアリー・セットの両手に大剣が、現れる。
大剣は、赤く光り黒い炎が纏う。


「む……
 この力、まさか……」


クレハの顔に笑みが零れる。


「燃え尽きろ!!!!」


俺は、マッド・ブレスを真っ二つに斬った。


「まさしく、この力は……!!」


は、そのまま爆発しクレハの姿に戻った。


「さぁ、大人しく投降しろ!」


星さんが、そう言ってムチをクレハに向ける。


「さて、どうしようか……」


クレハは、ケラケラ笑う。


「なにが可笑しい!」


星さんが、怒鳴る。
すると一つのビームが、エルフマンの方に飛んでくる。
それを空猫さんが、扇子で受け止める。


「星さん、熱くなりすぎ……」


空猫さんが、ニコニコ笑いながらビームが飛んできた方を見る。


「初めての人は初めまして……
 そうでない方はこんにちは」


そう言って現れたのは、中川圭だった。


「貴方は!」


星さんが、中川圭の方を目を丸くさせて驚く。
そう、勇者王中川圭。
恐らく人では、最強の部類に入る男だ。


「クレハ、何を遊んでいる。
 招集がかかっている、戻ってこい」


中川圭が、そう言うとクレハは、無言で姿を消した。
中川圭も、すぐに姿を消した。
またもや中川圭、いったい何が目的なんだ?

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピノの旅(小説) [ピノの旅]

――4月28日


「これだから、ガキは困る……
 魔力の差をわかっていないようだ」


男が、そう言って俺の方を見る。


「お前が、Dr.クレハか?」


星さんが、そう言って指をDr.クレハに向ける。


「いかにも……
 ワシが、クレハだが……」

「危険合成生物作成法に基づいてお前を逮捕する!」


星さんは、そう言って指先から草のムチを出した。


「ワシも簡単に捕まるわけにはいかないのでね……」


クレハは、そう言ってEDを召喚する。
白い白衣を着た人型のEDだった。
EDは、基本的にその人の個性によって姿をするタイプとEDの素質が無く量産型のEDにのるタイプがある。

クレハのEDは、前者である。

ED協会に登録されているEDなら、亜金のモニターにED名が表示される。
しかし、クレハのEDを照会したが、その名は現れず【該当データ無し】とモニターに表示された。


「該当なし……
 つまり、否認可ED……
 僕は、貴方を即拘束する!
 悪!滅!獏!」


星さんが、そう叫ぶと草のツルがクレハのEDを包み込む。
しかし、クレハのEDは、そのツルを焼き切る。


「残念だが、ワシのマッド・ブレスには、この手の技は効かん!」


クレハは、そう叫ぶと嬉しそうにエルフマンに向けてメスを投げる。
星さんは、エルフマンのムチでそのメスを薙ぎ払う。


「相手は、星さんだけじゃ、ないよ?」


今度は、空猫さんが、スマイリーで零距離でドラゴンキラーを放つ。
しかし、マッド・ブレスは無傷でスマイリーを蹴り飛ばす。
ドラゴンキラーの爆風の中からマッド・ブレスを識別し俺は、プレゲトンでマッド・ブレスを切り付ける。


「どこを狙っておる?」


マッド・ブレスは、俺の背後に回り炎の息を吐きかける。


「く……」


俺は、思わず声をあげる。


「大丈夫だ、亜金。
 今のフェアリー・セットには、誰が乗っていると思っている?」

「え?」

「地獄の炎の河と呼ばれるプレゲトン様だぞ?
 この程度の炎では、ダメージは受けん!
 ほれ、相手を見てみろ、きょとんとしているぞ」


俺は、マッド・ブレスの方を見た。
すると確かに固まっている。


「ほう……
 ワシの息を受けて生き延びるとは……」


クレハは、嬉しそうに笑い声をあげると俺を睨んだ。
こちらもダメージを与えれないのは、同じ。
どうやって勝つ?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピノの旅(小説) [ピノの旅]

――4月27日

さて、どうする?

敵は、無限。
戦力は、3機、どうみても自殺行為だけど……


「弱気になるな!亜金君!」


星さんが、そう言って呪文の詠唱を始める。


「でも、ジャミングをされていて広範囲兵器や広範囲魔法を使えないんじゃ、この人数は戦えないよ……」


俺がそう言うと星さんが笑う。


「敵味方を認識しない技なら使っても問題ない」


それを聞いた空猫さんは、ニコニコ笑いながら「なるほど」と言った。


「空猫君は、前方広範囲兵器や魔法をもってるかい?」


星さんが、そう言うと空猫さんは、ニコニコ笑いながら扇子を広げる。


「もちろん。
 広範囲兵器持ってるよ」

「なら、亜金君に背を向けてくれ」


星さんが、そう言うと空猫さんは、ニコニコ笑いながら扇子を閉じる。


「なるほど、そういうととね。
 オイラは、ドラグキラーを使うよ」


空猫さんが、そう言うと星さんも頷く。


「一応、ドラゴンだしね。
 ドラグキラーの魔法は、効果的かもしれない」


星さんが、そう言うと呪文の詠唱をはじめ、空猫さんも呪文の詠唱を始めた。
広範囲兵器とは、EDの持つ兵器のこと。
広範囲魔法とは、人間が使う魔法のこと。
兵器は、EDのエネルギーや弾数を消費する。
魔法は、パイロットの精神力、MPと言われるものを消費する。


「亜金!
 主も両手から放つ魔法あるだろう?
 それを使え!」


プレゲトンが、そう言って俺に指示を出す。


「わかった……」


俺も呪文の詠唱を始めた。


「みんな、準備はいいかい?」


星さんが、そう言うと俺と空猫さんは頷く。


「ドラグキラー!!」


空猫さんと星さんが、同時に魔法を放つ。
閃光が、ドラゴンハーピーを襲い姿を消していく。
俺も、バンと言う光魔法でドラゴンハーピーを炭に変えた。


「とりあえず、一層は、出来たみたいだね」


星さんが、安堵のため息をつく。


「さぁ、黒幕さんに出てきてもらおうかな?
 今の一層攻撃で、生産機も壊れたみたいだしね」


空猫さんのその一言で、白衣を着た1人の男が現れる。
中年のおじさんと言った感じだった。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピノの旅(小説) [ピノの旅]

――4月26日


雷が鳴る。
雨が降る。
炎属性のプレゲトン。
土属性の俺……戦いには、もっとも不利な状況だ。


「準備はいいかい?」


星さんは、そう言ってDr.クレハの館のドアの前に立つ。
昨日、あの後すぐに宿屋を出て、Dr.クレハの住む館に向かった。

館は、時が止まったように静かだ……


「はい、行きましょう」


俺は、そう言って頷く。


「どうする?
 EDで、強行突破かける?」


空猫さんが、ニコニコ笑いながら扇子を広げる。


「いや、ここはEDではなく……」


星さんが、そこまで言いかけた時、館のドアが開く。
空間が操作され、館の見た目より広く見える。


「EDで、来てもいいよ?
 ってか、そうじゃないとワシの元には、たどり着けないよ」


アナウンスが流れる。
中年の男の声だった。


「お前が、Dr.クレハか!」


星さんが、叫ぶ。


「ああ、そうだ。
 ワシが、クレハだ。
 さぁ、私のかわいい子供たちよ、あのモノたちを食い殺せ!」


Dr.クレハの声が響くと共に無数のドラゴンハーピーが、屋敷内に現れる。


「仕方がない。
 こちらもEDを召喚するよ!」


星さんの合図とともに俺たちは、EDを召喚した。


「とりあえず、生産機を探さないとね……」


空猫さんが、そう言って辺りを見渡す。
しかし、生産機を探す前にドラゴンハーピーが、火を噴く。


「なかなか、難しいようだね……
 亜金君の範囲兵器でどうにかならない?」


空猫さんが、そう言って俺の方を見る。


「屋敷ごと破壊しましょうか?」

「いや、それは無理だろう……」


星さんが、首を横に振る。


「どうして?」

「この屋敷、色んなジャミングがされてある。
 そのジャミングを破壊しない限り範囲兵器は、使えないだろう」


星さんが、ため息交じりに答える。


「ここが、墓場にならないことを祈るよ」


空猫さんは、そう言って笑う。
さて、1匹ずつ倒せるのか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピノの旅(小説) [ピノの旅]

――4月25日


一通の手紙が星さんの元へ届けられた。
そして、星さんは、星さんの部屋で俺たちが集まったことを確認すると、それを星さんが読み上げる。


「サクライーターF及びドラゴンハーピーは、亜種であり人口生命体である可能性がある。
 よって危険な人口生命体を作った人物の拘束を命ずる」


星さんが、これを読んだ後にため息をつく。


「ずいぶん難解な仕事を任されたね」


空猫さんがニコニコ笑いながら、扇子を広げる。


「俺で、出来ることなら手伝いますよ」


俺は、ただそう思って返事をした。


「亜金君、ありがとう」

「オイラも手伝うよ。
 昨日の和服を着てもらった件で、1日であの店舗1千万の収益が得れたからね」

1千万円……
そんなに売れるモノなのかな……


「ありがとう。
 すまないな……」


星さんは、申し訳なさそうに謝った。


「気にしない♪気にしない♪」


空猫さんは、ニコニコ笑いながら扇子を仰いだ。


「Dr.クレハというヤツが一枚噛んでいると上は睨んでいるんだ」


星さんが、そう言うと空猫さんが、ニコニコ笑いながら言う。


「あのマッドサイエンティストね。
 楽しくなりそうだね」


空猫さんは、そう言って立ち上がる。


「どうしたの?」


俺の質問に空猫さんが答える。


「亜金君、次の仕事だよ。
 Dr.クレハを倒すんだ」

「倒す?」

「うん」

「ファルシオンとしては、法的処置を与えなければならないんだ。
 亜金君、プレゲトンさん、ピノちゃん、協力してくれないか?」


星さんは、そう言って頭を下げる。
俺は、頷いた。
乗りかかった船だ。
最後まで付き合おう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ピノの旅 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。